アパレル店員の給与は安いと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?平成25年度の販売店員の平均年収は、約270万円。

平均給料(平均月収)にして約22万円でした。全産業の平均年収が約440万円ですから、販売店員の年収はあきらかに安いことがわかります。

もちろんショップによって平均年収に違いはありますが、高給与が望める業界ではなさそうです。


ただでさえ給料が安いと言われているアパレル業界にも関わらず、さらに店員を苦しめるのが販売ノルマ達成のために自社の服を購入すること。

もともと少ない給与から社割とはいえ自腹で洋服を購入しなければならないので、お金が貯まらない要因にもなっています。

ここではアパレル業界の給与事情についてまとめてみました。


アパレル店員の給与が安い理由

アパレル店でバイトをしている方の時給が、首都圏であっても900円前後となっていることも珍しくありません。

コンビニバイトが時給約1,000円前後ですから、アパレル業界は給与の安さが際立っています。

なぜこんなにも時給や給与が安いのでしょうか?


まずアパレル販売の仕事は特別な資格が必要ではなく、誰でもできることが要因となっています。

どのような仕事でもそうですが、誰でもその日からできる仕事は時給や月給も安い傾向があります。

またアパレル店員を希望する方が多いのも、給与が上がらない原因になっています。

「手取り15万円程度では生活ができない」という理由でアパレル店員の仕事を辞めても、またすぐに新しい人員がやって来て補充されるという現実も。

ショップ店員の仕事を希望する人が極端に少なくなれば、高給与で雇用しなければなりませんが、「洋服を売る仕事は綺麗で素敵」「好きを仕事にしたい」というイメージや発想でどんどん新しい人が業界に入ってくるので、給与水準が低いままなのです。


少しでも高い給与を求めるならスキルアップするしかない

手取り15万円のアパレルショップ店員が、より高給与を得るためにはどのような道があるのでしょうか?

まず考えられるのが店長になることです。

店長になれば手取り額が上乗せされるので販売店員でいるよりも給与はあがります。

ただ責任も重くなるため、サービス残業やノルマが増えることを覚悟すべきです。

店長のうえにはエリアマネージャーがありますが、月給25~30万円前後が相場となっています。

責任が重い割にはそれほど高額な給与がもらえるわけではなさそうです。

エリアマネージャーのほかにも、現場での経験を生かしてバイヤーやデザイナーになるという道もあります。

アパレル業界で働きたい方は、自分の将来のビジョンをしっかりと考えておくことが大切です。