アパレル店員として働いている方のなかには、仕事の拘束時間が長いことにうんざりしているケースもあります。

もちろん実際に働く店舗やお店の場所、正社員かそれともパートであるかなど勤務形態によっても差がありますが、それでも繁盛期は休みが取れないほど忙しくなり残業も発生します。

お店の営業時間によっては早出・遅出など、シフト調整もされていますが、人手不足になると開店(午前10時頃)から閉店(午後8~9時ごろ)までずっと働きづめになることも…。

セール期間中はとくに忙しいので「お休みをください」と言いにくい雰囲気になってしまうのです。そんなアパレル店員の忙しさについてまとめてみました。


アパレル店員は定時に帰れるとは限らない

一般企業のサラリーマンなら、午後5時を過ぎれば仕事は終わりです。

最近は過重労働に対する風当たりも厳しいので、PCの電源が強制的に落ちる職場もあるようです。

ところがアパレル業界はそうもいきません。


仮に午後5時で終業という契約になっていても、就業時間ギリギリにお客様がやってきたらどうでしょうか?

お客様に購入意欲があろうがなかろうが、一度声をかけた以上最後までおつき合いしなければなりません。

PCの電源はオフにすることができますが、お客様の出入りを店員がコントロールすることはできないのです。


人間を相手にする仕事なので、接客が延長して残業が発生する可能性も高くなります。

これはアパレルだけではなく、販売業・接客業全般や医療関係の仕事にも同じことが言えます。


閉店後も何かと忙しいアパレル店員

アパレル店の営業が午後9時に終わるとします。9時になったらお店のシャッターを自動的に閉めて、店内の電気を消せば終わるでしょうか?もちろんそんなことはありません。

お店がクローズになっても、遅番のメンバーと乱雑になった売り場を整理したり、レジ閉めをして今日の売上金を確認する作業、売上帳への記帳や終礼があります。

お店によっては店内の掃除、在庫の整理、店間処理などの作業があるケースも。


結局お店が午後9時にクローズしても、お店を出るのは30分~1時間後、ということも珍しくありません。

1日1時間の作業でも10日、20日と積もれば長い時間になります。

この終業後の作業に残業代がでるのかどうかも、事前に確認しておく方がベストです。

お店の閉店時間が遅い場合は、終電に間に合うかどうかも重要なため、あらかじめチェックしておくことを忘れずに。